うーん 今回の政権は企業と労働者だと思いっきり企業側?

ブラック会社の春

導入検討の残業代ゼロ法案

個人の裁量に任せて仕事をさせ、そのかわりに残業代、割り増し賃金を
払わないという仕組みだそうだが、このサービス残業、みなし管理職が
横行している日本で何をしたいのでしょうか?
日本での残業代を払わなくていい本当の意味の管理職は社長や役員だけだと
思うのですが・・・  今の現状で裁量権を与えているという事で死ぬまで
働かせられる労働者が増えるだけのような気がします。本当に現実が
見えていない!

さっさと年寄りはやめさせろということかな?

解雇ルール見直し

一部企業で信じられないような解雇実態が明らかになる中で企業の
後押しをして労働者の使い捨てを推進するだけの気がします。
解雇しやすくルールを変えるからあまりえぐい事はしないでねって
ことでしょうか?経営者に物が言えなくなり不正が横行して
モラルの低下も招きそうですがねぇ。
「社長。これは偽装です。辞めましょう!」次の日から適当な理由で解雇とか
それを見た社員が何も言わなくなり恐怖政治の始まり・・・・
中小企業から大企業へその舞台はうつりそうですが。
雇用の改善という意味での解雇ルールにはならない気がします。
これも自殺者増える要因になるんじゃないかな

できれば、今回の政権には企業の活性化と、それに伴う雇用ルールの厳格化と
雇用を守る為の施策を考えて欲しいものです。会社が倒ればみんな困るのは
分かりますが何のために会社があり、だれがその会社を支えているのか。
一部の人間の利益の為にのみ存在する会社は社会から必要とされないのでしょうか?

↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

フォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

twelve − 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。