格安MVNOの有効活用

Sponsored Link

少し前からソフトバンク版のiPhone4SをファクトリーアンロックしてSIMロックフリー版と同じように使用していました。本当に下駄や脱獄を使わずにインターネット共有(テザリング)などできるのとIOSのアップデートも全く気にせずにアップできるので快適そのものでしたが、やはり4G(LTE)がここまで普及した為、その部分だけが不満でした。

ですが格安MVNOを使用した場合は例えばソフトバンク版のiPhone5を契約したところでXiは現時点でも掴めないようですし、なによりiPhone5をファクトリーアンロックするのに¥29000円と解除するまでに半年近く時間を費やす為、コスト的に旨味が薄いです。iPhone5Sのシムロックフリー版を購入しようかと思うぐらいの金額に上がってしまいます。ですがAndoroid端末にしようとした場合、現状のDoCoMo端末にはAPNの固定(SPモード固定)という足かせとほとんどの端末がBluetoothテザリングを封印されている為、なかなか難しい状況です。可能性としては日本製の端末ではなく海外で販売されているサムソンやソニエリなどの端末を購入して海外製のROMを焼いてしまうのが一番の近道な気がします。

Sponsored Link

この一年、iPhoneという端末の出来のよさを実感した年でした。できればiPhoneを使い続けたいとも思いますがLTEの問題の為、Andoroid端末に乗り換えることになりそうです。MNP一括で¥4000円ぐらいで使い続けることもできますがそれでは面白味がないのでMNP弾はありますがそれはやめておくつもりです。

Sponsored Link
↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

フォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

1 × 1 =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。