AmzonKindleは電子書籍リーダーで唯一の正解だと思う。

この情報は過去のものですが、現在にも通じます。

kindlekyotai

ネットを巡回していると驚くべき情報を見つけました

Kindle Wi-Fi、ホワイト、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー ¥2,480

Kindle Wi-Fi、ブラック、キャンペーン情報つきモデル、電子書籍リーダー ¥2,480

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ホワイト、キャンペーン情報つきモデル \6,980

Kindle Paperwhite Wi-Fi 、ブラック、キャンペーン情報つき ¥6,980

終了しました。ただ今後のキャンペーンが行われることはあると思います。

定期的に行われるキャンペーンでの大幅値引きする方法ですが。

条件は

●Amazonプライム会員であること

購入方法は簡単です。購入時にカード内で下記のキャンペーンコードを入力すればキャンペン価格が適応されます。

ここで注意点ですが。届いたKindle端末

kindleの魅力は電子ペーパーなので紙のように見やすいこと、液晶とは段違いです。また電子ペーパーは電気をあまり使用しないので使い方にもよるでしょうが数週間はもつようです。

kindleの解像度は167ppi
KindlePaperwhiteは300ppi(KindleVoyageと同等)

kindleからのデータだけではなく自炊したデータも転送してみることも可能です。
モバイル機器好きの方は、おひとついかがでしょうか?

ずっとAmazonを見ていますが定期的にこのキャンペーンは行われるようです。Kindleに興味がある方は定期的のAmazonをチェックしてみてください。多少の金額の差はあっても定期的にキャンペーンが行われますよ。

AmazonKindleの強みですが

●軽い

●電子ペーパーゆえの電池持ち(カタログ値は2週間ですが実測でも1週間はいけるぐらい)

●巨大企業ゆえの信頼性(電子書籍の弱点は倒産ですが、ここなら可能性は低い)

●本のラインナップ数や内容が世界最強レベル

日常での使用に関してですが、電車通勤などをされている方には最強のツールになると思います。カメラもないので盗撮を疑われない(笑)
すぐに出してすぐにしまえますし、小型なのでスーツのポケットなどにすぐにしまえます。

社会人にとって通勤時間などの隙間時間は本当に何をするかが大事です。若い人たちの間ではずっとスマホで好きなことを見ている人も多いですが、時間とは非常に貴重です。例えば自分の成長の為に資格の勉強をしたり、資料に目を通して仕事の事前準備をして効率的にたりなど時間があればいくらでもしたいことがあります。ただ時間が空いたからとぼーっと時間が過ぎるのを待つだけよりも生産的です。

様々な電子書庫リーダーが出ていますが、どれも今一つ成功とは言えません。唯一の成功例がAmazonKindleだと思います。コンテンツ量も魅力ですが、本体の値段や持ち歩き隙間時間に活用できるということが非常に大きいです。

もしも自分の能力を伸ばしたい、勉強したいという方はAmazonKindleを購入して自分の研鑽の時間にしてみるのはどうでしょうか?いつでもどこでもそばにあり使えるという条件であれば自分の意思次第で成長できます。

自分の今後の成長の為に学び続けること。これは学生でも社会人でも変わらない大事なことで今後、自分の人生をイージーモードで過ごすための大事なことだと思います。

↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

フォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

four − one =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください