3種類のテザリングをやってみての感想(iPhoneの場合)

2013年3月29日

3種類のテザリングをやってみての感想(iPhoneの場合)

 

私は昔から色々な端末で様々なテザリングを使用してきましたが、一番使い勝手がよかったのが少し古いですがEMOBILEのS21HのBluetoothDUNでした。
時代は移り変わりWifiも以前に比べ省電力になってきましたが、親機側の端末を
いちいち触ってテザリングというのがどうにも煩わしいと感じています。
ただiPhoneのインターネット共有(Bluetoothテザリング)に関しては
非常に使いやすいですね。

さてテザリングの方法には大きく分けて

 

Wifiテザリング
※メリット  ①高速です。
②Wi-fiはほとんどの端末についている為、汎用性が高い
※デメリット
①バッテリーの消耗が激しい
②バッテリーを食うので端末側で必要なときだけONに
しないとバッテリーが持ちません

 

Bluetoothテザリング※メリット
①子機側の設定で簡単につながる。親機にはノータッチ
②バッテリーの消耗が少ない

※デメリット ①低速です。
②Bluetoothは一部の端末にない為、Wi-fiに比べ汎用性が低い。

 

USBテザリング
※メリット
①高速です。
②バッテリーを充電しながら行う為、基本的にバッテリーは
減りません。

※デメリット
①有線の為、線が邪魔です。
②ituneを入れる必要がある為、PC(windowsまたはMac)
に限られます。
③有線でつなげるPCは1台だけです。

 

 

それぞれにメリットデメリットがあるので用途に合わせて使用してください。

日本ブログ村ランキングに参加中です。 是非投票をお願いしまーす。