【2021年度版】今からプリンターを買うならカラーレーザープリンタがおすすめ。実は意外と安いんです。

最新のニュースをお手軽に見れる。ビジネスマン必須の情報サイト

【2021年度版】今からプリンターを買うならカラーレーザープリンタがおすすめ。実は意外と安いんです。

 

最初に

【2021年4月に追記】
この記事では5750Cについて書いていましたが2021時点ではもう購入できないので最後に後継機の5800Cについて追記しました。

私はキャノンのインクジェットプリンタの愛用者でした。特にMP610は4色独立式のインクということもあり、 インク代も安く、長く使い続けることができると思っていました。

昨日までは!

CANON プリンターのエラー5200

これを調べてみると

原因:
プリンターヘッド部分の焼損、もしくはヘッドの接触不良、もしくはヘッド部分が過熱していて、プリンターが冷却作業を行いビジー状態になっている。

対処法:
電源を切り、コンセントを抜き、数時間放置した後に電源を付ける。
ヘッドが取り外せる場合は取り外し、汚れを清掃。
(基盤などに汚れが付かないように注意が必要)
再びヘッドを取り付けても稼働しない場合は、プリンターを修理に出すのが望ましい。

ということですが、過去の修理履歴としては

●5年ほど前に結婚式の写真を印字しようとして途中でインクヘッドがお亡くなりに…

●2年ほど前に純正インクを使っていたが、またもやヘッドの不良が起きたようでヘッド交換

●1年ほど前に再びヘッドが逝ったようで部品取りの本体と一緒にヘッド交換…

おそらくあまり頻繁に印刷をしないのが原因かと思いましたが、今回は1ヶ月前には印字をしていたので安心していました。こうなると

どれだけインクヘッドを交換したらいいんですか!

ここ数年で100枚も印字をしていないのにかかった修理費用は恐らく\40,000円前後…

1枚当たりの単価¥400円!!!!!!!

 

たまにしか印刷をしないからか?じゃあもうインクジェットなんてやめてやるよ!

 

レーザーにすればいいんでしょ!ああ買ってやるよ!

 

大事な大事な書類を夜に印字できなくてこの時はかなりキレていてあまり細かいことを考えずにポチっとしてしまいました。

勢いで買ってしまったのは NEC製のMultiWriter 5750c

フルカラーレーザープリンターなのにこの値段!
そしてなぜコイツにしたかという決定的な理由がコイツ

トナーがほんとに安いんです。1000枚ぐらい印刷できるのに一色あたりのトナーは
¥1000円前後

ぶっちぎりのランニングコストの安さ!!!全く何も気にせずに、刷りまくれます!

※注意点 レーザープリンターはトナー以外にドラムカードリッジというものが必要になりますが、インクジェットプリンターのメンテナンスタンクのようなものです。それもかなりの低価格です。

少々古いモデルなので…と 思っていましたが全然トナーも売りまくっているし、本体自体も価格.comで1位、2位を争う人気。恐らくかなり数が出ているモデルなのでトナーなんかもコンスタントに売れるので価格も下がるところまで下がっているという感じでしょうか。

現状でもトナーは売っていますが本体は販売終了なので、後継機の5800Cの購入をおススメします。

リサイクルトナーに関しては会社でもかなりの頻度で使用していますがトラブルになったこともなくリサイクルトナーが一般的に使われているので信用はあります。

 

A4フルカラーレーザープリンタの良いところと悪いところ

 

良い点

⓵本体が安い(\18,000前後で買える。定価は¥96,984なので81%オフ)

②長く使われている分、改善されトラブルも少なく安心

③トナーなどの消耗品が異常に安い。安すぎて不安なぐらい!

悪い点?

⓵複合機ではないのでコピーやスキャンができない。

②プリンタブルなCDに印字ができない。

③最新の機能はない。
デジカメのメディアやスマートフォンからの印字などができない

⓵に関しては当然ですね… 安いスキャナを買うということで対応かな

②に関してはどうしようもないですね…

③これはPCを利用することで何も問題はないです。

このプリンターは安くキレイに印刷する

という部分に特化しています。たまにしか印刷しない、CDなどのメディアに印刷しないという方であれば絶対にオススメできます。

この機種のことを「神機」というかたもおられますが、納得できます。

 

【補足】2021年時点で残念ながらこのレーザープリンターを安く買えるところはほとんどなくなりました。

ただ後継機として

NEC Color MultiWriter 5800C PR-L5800C

が購入できます。このプリンターは5750Cに比べて値段は4000円ほど上がりますが、印刷できる枚数も大幅に増えているので逆に値段は大きく下がったことになります。5750Cだと1000枚の印刷でしたが5800Cだと3000枚の印刷ができるのでもしかすると壊れるまで一度もトナーの補充をすることがないかもしれません。(1枚当たり約0.5円ぐらいのコスト)もしもトナー切れが起きたとしても

5750Cとトナーと同じくらいの値段で購入することもできます。(5750Cの3倍で約3000枚印刷できます。)トナーはセットだけでなく当然1色でも単品で購入することが可能です。

 

 

これからプリンターを購入しようとしている方にはインクジェットプリンターではなくA4フルカラーレーザープリンターをおススメします。私が高いインクやインク詰まりによるプリンターヘッド交換で大きなお金を払い続けて損をして得た結論です。

 

 

スポンサーリンク

Posted by sinmoble