最新のワイヤレスイヤホンに買い換えました。

2019年12月16日

最新のワイヤレスイヤホンに買い換えました。

購入の前に

初めてコードの全くないワイヤレスイヤホンを購入したのは2年ぐらい前だったと思います。あまりにスマートなデバイスに感動して秋葉原で売っていたものを即購入したのを覚えています。その時、買ったものはイヤホン自体は小さいんですが専用の充電ケースが大きいのが不満でした。その次に買ったのがこれです。

この超格安価格でAirPod風。ケースも小さく持ち歩きにも便利だったんですが本体の連続再生時間が少し短かったのが不満でした。そこまで長時間の使用をされない人は価格を考えるとこれでもいいかもしれません。

しかしあまり高くないク値段でそこそこの一流メーカー品を使ってみたいと思って購入したのが次の製品です。

※AirPodは値段が高すぎるので最初から候補外です。

 

【第2世代】Anker Soundcore Liberty Neo

メーカーはAnker製です。私もAnker製品をいくつも購入していますが、どれも品質が高く納得できる商品だったので今回この製品を選びました。

Amazon’sChoiceで1139個の評価と113の質問ということで多くの人に購入されている安心の商品だということが分かります。さすがAnker製品!

 

届きました。外箱に防水と20時間使用できることが表記されています。

 

本体はこれです。

 

 

サイズ比較としてChromeCastとの比較です。

 

指とも比較してみましたがかなり小さいのが分かります。

 

付属品ですが本体カバーがさ3サイズ、イヤーピースが4サイズありました。その他には充電用のMicroUSBケーブルも入っています。

 

 

【特徴」

シリーズ最軽量モデル
約51gと軽量かつコンパクトなサイズ

Bluetooth 5.0対応
Bluetooth 5.0規格に対応し、音飛びを極限まで抑え、安定した接続で音楽が楽しめます。

最大12時間の使用時間
イヤホン本体で、最大3.5時間の音楽再生が可能。また付属の充電ケースを使えば最大12時間の使用が可能です。

使ってみた感想

●ワイヤレスイヤホンの弱点としては使用中に落としやすいというものがありますがこの製品はフィット感が良く少々激しく動いても落ちるそうな気配もありません。

●音質に関しては途切れることもなく、また密閉され外部の雑音も入りにくいです。

●電池ですが2.5時間ほど使用しても問題なかったのでカタログ値近くまで行くと思います。

●一度ペアリングしてしまえばケースから出せば自動的に繋がり、しまえば自動的に電源がOFFになるので使い勝手も非常に良かったです。

 

人のレビューをみた結果、そして自分で使ってみた感想としては\5,000円以下で購入できる ワイヤレスイヤホンとしては非常にレベルの高い商品です。もしもワイヤレスイヤホンの購入を考えている方は是非候補に入れてみてください。

日本ブログ村ランキングに参加中です。 是非投票をお願いしまーす。