レトロモバイル復活シリーズ①(IS01編)

Sponsored Link

家にどんどん増えていくモバイル機器。DELLのAximX51Vを筆頭に現役でないものも多くあふれてきたので、ついに整理する時期が来ました。ただまだ使えるもの、一芸に秀でたモバイル機に関しては何とか延命をして本当に使い道がないものだけを廃棄していきたいと思っていいます。とりあえずメガネケースことIS01から考えていきたいと思います。


【SHARP製のIS01】

こいつのOSはAndroid1.6と古く、アプリストアも閉鎖されているので新規のアプリを追加するのが難しい状態です。しかしIS01にはいくつかの利点があります。

●ハードウェアキー搭載

●現行のWi-fiの暗号化規格に対応しているのでネットにつなげられる。

これだけの機能があればテキストマシーンとして生きる道があります。

現状での使い道

オフライン状態でメールソフトやテキストエディターで文章を作成する。オフライン状態での運用時間が長くなれば稼働時間も伸びるので必要な時だけオンラインにする。

アプリに関してはADB経由でESエクスプローラーをいれてしまえば、あとはAndroid1.6に対応したバージョンのアプリのAPKファイルをMicroSDカードにいれておくことで端末から直接インストールすることができます。

最新端末ではないので基本的にはキーボード搭載のテキストエディタ機として使うだけにするのがベストです。使い方を限定することで古い端末でもノンストレスです。

補足 標準アプリで入っているメモ帳とワンセグは快適に使えます。

ここから下はあまりおススメしない使い方です。

Sponsored Link

今はまだIS01アプローダーからいくつかのアプリを落とすことができるので今のうちに必要なファイルはダウンロードして確保しておく方がいいです。

今落としておくべきアプリは

●ESファイルエクスプローラー
これが基本のアプリです。こいつをいれてしまえば端末単体でアプリのインストールができるようになるので楽です。

●ADW1.36
IS01用にカスタマイズされたホームアプリです。

●Jota Text Editor
テキストエディタです。現時点でIS01用としてはこれ以上のものはありません。

●Google Maps (5.2.1)
最初から入っているGoogleMapよりもバージョンは新しいです。

●Skyfire_2.3.3.19663
現状で入っているブラウザは証明書切れが連発してまともに使えないのでこれは必須です。

●RockPlayer.apk
動画の再生プレイヤーです。いろいろな動画フォーマットに対応しています。

将来的にネットに繋ぐことができなくなった場合

打ち込んだ文面をQRコードに変換して他の端末で読み取る方法が一番簡単な方法になります。いわゆるポメラ方式になります。本当は作成したファイルをBluetoothで送信できればいいんですがIS01のBluetoothのプロファイルでは対応していません。

が今現在、IS01をオフラインで使うためにQRコードを作成するアプリを
発見できていません!

QRコードを作成するアプリ自体はたくさんあるんですが、Android1.6対応のものは見つかりません。このままではインターネットに繋げなくなると同時にIS01の寿命が終わってしまいます。

頑張って探索します。

見つけました!

QRMaker v1.0

こいつはAndroid1.6で使える超絶レアなQRコード作成アプリです。このアプリ自体では作成中の文章を保存できないのでプリインストールされているメモ帳で作成して保存しておいて完成した際にこのアプリでQRコードを作成するのがスマートです。

Sponsored Link
↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

フォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

1 + 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。