Androidの画面をiPadに表示

2018年1月8日

Androidの画面をiPadに表示

はじめに

Androidを利用したgoogleリモートデスクトップが便利でよく使うのですが、普段使うAndroidはスマートフォンなので約5インチ。これでは少し画面が小さく不便なので大画面液晶のiPadを利用できないかと思ったのが始まりです。
※補足 iPadではじめからすればという話もありますが、マウスが使えないのでかなり不便です。
iPadがマウスに対応しました。

どうやるの?

Windowsであればduetというアプリがありますが、同じようにAndroidでも画面共有をするアプリがあるのでそれをAndroidとiPadの両方に入れます。このアプリは無料です。
アプリを導入してクリックするだけなのでめちゃめちゃ簡単です。

必要環境

Android側(AndroidOS 5.0以降)

iPad側(iOS8.0以降)

この二つの端末が同じWi-Fi上に存在できることが条件なのでどちらかでテザリングを行いつなげれば問題ありません。

やり方

https://play.google.com/store/apps/details?id=com.apowersoft.mirror

ApowerMirror – ミラーリング&制御
このアプリをインストールします、アプリストア経由なので安心してください。

 

AndroidとiPadの両方にインストールが終わったら両方でアプリを起動してください。今回はAndroid側の画面を共有させたいのでAndroid側の共有ボタンを押してください。
ここからAndroid側の画面が共有されるので、あとは通常通りGoogleリモートデスクトップなどを起動していただければ起動した画面が共有されます

 

 

他の設定では画質なども変更できるので反応速度と画質のバランスを考えながら調整してみてください。やはりAndroidはマウスが使えるのでPCのリモートは便利に使えます。

2020年時点で購入できる世界最小系の小型スマートフォンです。

日本ブログ村ランキングに参加中です。 是非投票をお願いしまーす。