ミニマムモバイルシリーズ(Bluetoothキーボード)

外出先で〇〇がない。不便だ。しかしイチイチ毎日持ち歩きたくない!

でも、もしもサイズが小さく軽いものがあれば毎日持ち歩いても苦にならず便利かもしれない

これはそういったモバイル小物を紹介していくカテゴリです。

 

最小で軽量で
いつもバッグにッ!

 

 ミニマムモバイルシリーズの紹介第一弾は 

 

[amazonjs asin="B008632PYM" locale="JP" title="Bluetooth対応ミニキーボード(英語) INJ-026 ブラック"]

↑私が購入したのは上ですが下も同じもののようです。値段は下のほうが安い…

 

[amazonjs asin="B0793JFMMM" locale="JP" title="Yiteng ミニ キーボード iPad iPad2 iPhone 4 4S OS PS3 3.0アップル マイクロソフト サムスンシステムのミニ IPHONE 5C 5Sのユニバーサル"]

 

あまりに小さいサイズってのは情報も少なく、レビュー自体がないということがありますので私が買ったものに関しては詳細にレビューと、もしも質問があればコメント欄にて返信をしたいと思っています。

 

上の写真を見ると小さいサイズだということは一目瞭然です。

このキーボードの特徴

●Bluetooth接続

●小さい(横114mm×縦58mm)

●軽い(約50g)

●薄い(厚さ6mm)

●充電式(MicroUSB端子)

が特徴です。

使い勝手

タイピングの感触としてはポチポチ押す感じです。机の上に置いて人差し指で入力する方法もありますが昔のW-ZERO3のように手にもってゲームのコントローラーのように親指で入力というスタイルのほうがあっている気がします。

Fnキーがあり一通りのショートカットも使えます。上にある写真を見てもらえれば分かりやすいと思います。読みやすい色分けもされているので使いやすいです。

電源のON/OFFですがスライド式のスイッチ式になっています。自動でOFFになる機能はないようなので使用後には気をつけないといけません。もしかすると待機時間が長くなれば省電力モードに移行しているかもしれませんが使っている感じでは分かりませんでした。

スイッチ部分に関しては結構堅めのスライドスイッチなので勝手に
電源が入ったりということはないです。

 

サイズの割に使い勝手はいいのでオススメの商品です。ミニキーボードの商品としてタッチパッドがついたものもよく売られていますが意外と使い勝手はよくないのでミニマムサイズのキーボードとマウスを別々に持ち歩くことをおススメします。

日本ブログ村ランキングに参加中です。 是非投票をお願いしまーす。