Ascend Mate7

Type-C PD 45W高出力モバイルバッテリーを買っちゃいました。

モバイルバッテリー Omars USBC 20000mAh 45W Power Delivery 対応 Quick Charge 3.0 対応 パソコン 充電 バッテリー(USB-Cケーブル付) MacBook/ノートパソコン/iPhone/iPad/Android/Nintendo Switchなど対応可能

[amazonjs asin=”B07GZG5F7S” locale=”JP” title=”モバイルバッテリー Omars USBC 20000mAh 45W Power Delivery 対応 Quick Charge 3.0 対応 パソコン 充電 バッテリー(USB-Cケーブル付) MacBook/ノートパソコン/iPhone/iPad/Android/Nintendo Switchなど対応可能”]

バッテリー本体とTYPE-C-TYPECケーブルとUSB-AからMicroBとTYPE-Cのどちらにもなる差し替えケーブルがついていました。(上の写真参照)

Type-C PD 45W高出力モバイルバッテリーを買っちゃいました。

本当はAnker PowerCore 20100があるので我慢しようと思ったんですが…

物欲に負けて買ってしまった理由 

MacbookAir2013をTYPE-Cで充電出来るケーブルを手に入れた為45W出力できるバッテリーが欲しかった。

 

20000mAh超えの大容量バッテリーだと充電時間が長い為に短時間で充電可能なTYPE-C PD充電出来るバッテリーが欲しかった。

 

 

良かった点

●Anker PowerCore 20100のフル充電が8時間~10時間かかるのに比べてコイツはUSB PDで45W入力で充電した場合2時間程度で充電できます。4倍~5倍です。

●出力が大きい。Anker PowerCore 20100は5V/2.4Aで12W出力なのに比べてMAX45W出力が可能で対応機器も多く、また対応していれば充電時間はかなり早くなります。

●TYPE-C PDで45W出力できるバッテリーの中では圧倒的に低価格でコスパ抜群です

●バッテリー残量が数字で表示されるのでランプ数でしか分からない物より便利

 

 

 

 

悪かった点

思ったよりも大きくて重たい。

Anker PowerCore 20100との比較画像です。1.5倍くらい大きいです。また重量ですが

Anker PowerCore 20100約356g  Omars USBC 20000mAh 45W 約450g

と重量は当然、Omarsのほうが重くなっています。

USB-C充電で45W出力が必要じゃなければAnker PowerCore 20100でいいかなと思います。

日常的に充電できる環境なら受電器とモバイルバッテリ一体型のAnker PowerCore Fusion 5000がベストだと改めて感じました。売れる理由がよくわかります。

[amazonjs asin=”B01LATWL5G” locale=”JP” title=”Anker PowerCore Fusion 5000 (5000mAh モバイルバッテリー搭載 USB急速充電器) 【PSE認証済/PowerIQ搭載/折りたたみ式プラグ搭載】 iPhone、iPad、Android各種対応 (ブラック)”]

 

便利なシチュエーション

➀バッテリー容量が大きい、また充電が速い為ので旅行などにも最適です。

②ノートパソコンをカフェなどで長時間使用するような状況にも向いてます。

 

 

価格がもっと高ければ買っていなかったと思うんですが、これだけの大容量、これだの大出力、そしてこの価格は破格です。いつもならAnkerかAUKEYしか買っていなかったんですが12ヶ月保障という安心感もあり買ってしまいました。手元に届いて使っていますが後悔はありません。

 

日本ブログ村ランキングに参加中です。 是非投票をお願いしまーす。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

3 × 3 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください