M Z-01K

Docomoショップでハルトコーティングをしてみた

Docomoショップでハルトコーティングをしてみた

最初に

しばらく前にM Z-01Kを外装と電池交換に出してが新品になったんですが

※参考記事

M Z-01KをDocomoに外装交換と内蔵電池交換に出してみた。

その際にハルトコーティングをしました。実は交換前にもハルトコーティングをしていたんですが、その時にはアスファルトに落としても枠側にひどい傷が入っただけで液晶面は割れも ヒビもありませんでした。前回助けられたので今回もハルトコーティングを行うことにしました。

ハルトコーティングするとどうなるか

●傷が入りにくい

●割れにくい

といった効果があると言われています。

参考サイト https://haruto-coating.com/

私は前のM-Z01Kをコーティングしたんですが、完全に硬化する前に傷を入れてしまいました。硬化する前に傷を入れてしまった私が悪いんですが、いくらコーティングしたとしても液晶面に全く傷がつかなくなるわけではありません。もしかすると再度コーティングすると傷は消えるのかもしれませんが、そこまで安くはない金額なのでもう一度コーティングするのにはためらいます。その為に私は今回コーティングをして完全に硬化した後でPETフィルムの保護シートを貼りました。

これって意味あるの?

と思われるかもしれませんが

図➀

Print

赤い部分が液晶フィルムになりますがフィルムを貼ることで液晶面を下に机の上に置いたとしても傷つくのはフィルムだけで貼り替え可能です。

 

m-Z01Kはどちらを下においても液晶面に傷が入りやすいので、上の写真のようにテント型という折り方で机の上に置いておくことが多いんですが安価で貼り替えができるフィルムにすることで気軽に机の上に置いておくことができます。

施工中のスタッフの方と話をしてたんですが、Docomo製以外のスマートフォンを持ってこられる方も多いようで知名度はあるようです。実際液体による塗布作業なので形にもとらわれないのが大きな特徴です。作業は液体を数滴垂らして伸ばしていく作業を繰り返していきます。
施工前に説明のチェックがあるのですが、そこで聞いた話がこの加工をしたあとで保護フィルムを貼る方もいるそうです。
私としてはコーティングをしているのに意味あるの?と思っていたんですが確かに表面への傷を少しでも気にするならありだと思います。ガラスフィルムではなくて安価なPETフィルムを使用できるのでそれだけでも意味はあると思います。

施工時間は15分ぐらいと聞いていましたが実際はもう少し長かったような気がします。ただ手作業で根気強く丁寧に行うものなのでむしろ信頼性が高くありがたいと感じるくらいです。この作業は資格を持った人しかできないそうなのでDocomoでも高いレベルでのサービス提供を考えているのと、この技術の可能性を大きく評価しているんだと思います。今までは専用のアクセサリとしての在庫をかかえる必要もあり、なければチャンスロスでしたがこの方式だとどの端末にも使用できるので問題ありません。

m-Z01Kでスリムな使い方をしたいならハルトコーティングと液晶保護フィルムが
私の今のおススメの運用方法です。

日本ブログ村ランキングに参加中です。 是非投票をお願いしまーす。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

8 + 6 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください