広告

スポンサーリンク

複数端末で同一のLINEアカウントを使う方法 LINE Liteは終了したが別の方法は残っている。

↓にほんブログ村に参加中です。読む前にポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

複数端末で同一のLINEアカウントを使う方法 LINE Liteは終了したが別の方法は残っている。

 

最初に

LINEアカウントひとつにつき端末1台しか使えないという縛りがありましたが、LINE Liteの登場でLINE OutやLINE Payは使えなくてくメッセージ機能だけは使えるようになりました。しかしLINE Liteのサービスが2022年2月28日に終了したことにより複数台端末での使用ができなくなってしまいました。しかし現状で使う方法がないわけではないのでその紹介をします。

 

LINEを複数台端末で使えない理由

TwitterやFaceBookなどのSNS複数台端末で使用できますがLINEで複数台の端末で使用できない理由は

不正アクセス防止のセキュリティ上のリスク軽減の為です。

スマホ間のアカウント共有をさせないのは、不正アクセスのリスクを減らすための設計ということです。LINEアカウントは電話番号と1対1対応で紐付けるのが原則で、ログインにも使用している電話番号の入ったSIMとLINEをインストールしたスマホが必要になります。

例えば新しい端末にLINEをインストールしてアカウントを設定すると以前使っていた端末からアカウント情報、トーク履歴など全てが消えてしまいます。こうすることで過去の端末を利用して他人のLINEのトーク履歴が見られるというリスクを低減しています。

 

LINEというのは簡単にメッセージや写真を送ることができるのでかなりの個人的プライバシーにかかわるものです。それを守るための措置と考えればある程度は納得できます。

 

LINEを複数台端末で使用する方法

さきほどLINEは複数台端末で利用することができないと説明を行いましたが例外があるので下の表にまとめました。

モバイルOSとして扱いをされるのは

●Android
●Androidタブレット
●iPhone

デスクトップOSとして扱われるのは

●iPad

●Windows

となります。

モバイルOS2つにいれることはできませんが、モバイルOSとデスクトップOSの組み合わせは可能です。

Windows版

PC版はメールアドレスからもしくは電話番号からログインが可能ですが、その場合も親機となるスマートフォンが必要です。

 

iPad版

 

まとめ

 

現時点ではモバイルOS複数台で同一のLINEアカウントを使うことができません。しかしデスクトップOSであれば同一のアカウントを共有することが可能ですが日常的に使用する方法として現実的なのはスマートフォンとiPadの組み合わせだと思います。
LINE Liteは公式のサービスでしたが、2022年に終了してしまいました。LINEチームとLINE Liteのチームは別ということで考え方も違いLINE Liteのチームは同一アカウントの複数台使用を許容していました。もしもですが、今後LINEのような新たなメッセージサービスが現れてLINEのシェアを脅かすようなことがあればサービスの使い勝手向上のために複数端末からのアクセスを可能にするかもしれません。ただ2022年5月時点ではスマホアプリ版のLINEは、複数のスマホから同一のアカウントにはログインできない仕様になっています。

 

【LINE Lite後継に関する関連記事】
LINE Liteの後継になるかも。Android端末で同一アカウントを複数端末にLINEをいれる方法

この記事にはプロモーションを含む場合があります。

Posted by sinmoble