【簡単】iPhoneのSIMロック解除【r-sim10+】

rsim10zentai

以前はr-sim7を使用していましたがr-sim10+に変更してみました。

変更点は
1.最新のiPhone6s/6sPにも対応
2.信号速度UP+認識能力強化
3.安定性アップ
4.純正トレイが使用できる。
RSIM9GOLDと同じ機能を持ちながら純正のトレイにて使用できます。

ということなので楽しみです。

まず最初に

①APN設定
Wi-Fiを利用して、自分の使うSIMのAPN設定をインストールしてください。

②iPhone側の下準備
アクティベーション用のSIMなどを入れて4Gをオフ
iCloudをサインアウト
iMessage、MMSメッセージをオフ
FaceTimeをオフ
全てのアプリを終了しておく

いよいよ取り付け

いよいよ取り付けですが取り扱い説明書もなくどっちが表なのか裏なのかわかりにくいと思います。下記の写真を元にSIMを載せてください。SIMの端子部分に当たるのは基盤の飛び出たツブツブの側になります。
※取り付ける際にはホーム画面の状態で取り付けてください。

設定はこれです。

SIMを差し込むとこの画面が出てきます。

r-sim10-1

この画面では今、使おうとしているiPhoneがどこのものなのかを選んでください。もともとソフトバンクのiPhoneをDocomoのMVNOで使おうとしているならJP SoftBankになります。

r-sim10-2

その次にこの画面がでてきますが、IOS9以上で使用する場合は、
一番下のiOS9.CDMA 4G Cardを選択してください。

そうするとSetUP OKと出ますのでそのまま端末を再起動してください。再起動後には3Gをつかんでいるはずです。

注意点

①4GがONの状態で再起動した場合はSIMが使えなくなります。あわせてSIMカードが圏外病を発症する可能性が高いです。再起動する場合は必ず4Gを切ってください。

②うまくいかなかった場合は使用しようとしているSIMとは別のキャリアのSIMとr-sim10+を挿入してから再度やり直してください。

③メイン端末でトラブルは困るという方は4Gを切って運用してください。安心して使えます。
※電波状態の良いところでいざというときだけONにするのはありです。

④何度やってもうまく電波をつかまない場合は圏外病を疑ってください。

圏外病とは

Docomo系MVNOとr-sim系を使っている時だけ起きるのですが、SIMカードの情報が書き換えられ、Docomoのネットワークにつながらない状態になっていることです。この状態ではいくらやっても電波をつかみません。これを直すにはDocomoの携帯に一度SIMカードを挿すだけなので簡単に直ります。r-simを使われる方はなんでもいいのでDocomo携帯をもっておくことをお勧めします。

※本来圏外病はDocomo携帯が必要だったりSIMロック解除の再設定にはアクティベーション用のSIMが必要でしたがr-sim10+からは簡単に直せる方法があるようです。

詳細がわかり次第、検証してみます。

補足

r-sim10+には偽者が多く出回っているようです。私が購入して使えているのはこの店です。

SIM ロック 解除 変換 シム フリー iPhone 専用 認証プロダクト シール付 R-SIM10 R-SIM10 SIM端末4点セット付き softbank au docomo iPhone6/6 Plus/5s/5c/5/4S イエロー(iOS9 対応)

新品価格
¥1,049から
(2016/4/21 00:19時点)

↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

フォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

6 − six =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。