活動量計を買ってみた。

Sponsored Link

以前使っていた活動量計はすごく良くて愛用していたんですが、壊れてしまったので今回新しいものを購入しました。購入した活動量計が値段的にも非常に安く使い勝手もよかったので紹介します。

【補足】
※Android4.4/iOS 8.0以上のスマートフォンに適応しています。
※技適マークを取得済み。

この活動量計はAndroidWearを使用せずに独自アプリで稼働します。

●アプリの通知や着信通知

●心拍記録

●運動記録

●睡眠記録

これらのものが記録できます。またデザインですが設定で色が自由に変えられるので、自分の好きなデザインに変更できます。バッテリーの持ちに関しては、なんと4日~5日程度充電なしで使用できました。充電端子に関してですが、バンドを外すことで普通にUSB端子に直接刺して充電できます。もともと私の用途としてはMoto360を夜間に充電している間に自分の睡眠の質を調べる為のものだったんですが、使い勝手が良くてメインにして使っています。

※上のイメージは大げさですが、腕に活動量計をつけて寝るだけで計測できます。

私が使いたかった睡眠の計測はこんな感じでスマートフォン側で表示できます。これは私が購入して3日間使用して調べたデータがこんな感じでした。ちょっと予想より悪かったです。 半分くらいは深い眠りに入れていると思っていたんですが…

Sponsored Link

私も寝る時間に関しては激しく不規則です。そして短い時間の中でも、できるだけ質の高い睡眠をとりたいと思っています。しっかり寝たはずなのに疲れが取れない。あまり寝ていないのにすごく疲れが取れた気がする。そういったファジーな感覚を数値化して、良い睡眠が取れた時にはどんな行動をとったか?悪い睡眠の時はどんな行動をとったのか?ひとつひとつ調べていけば改善につながるんじゃないかと思っています。長い人生を考えれば睡眠時間の質を上げる努力は無駄にはなりません。

もともとスマートウォッチと活動量計は別物で、活動量計が出始めた当初はディスプレイを搭載しない代わりに1ヶ月ほどバッテリーが持つ商品が多かったです。それが最近、活動量計にディスプレイが搭載されて各種の通知が見ることができるようになり、スマートウォッチと活動量計の垣根がなくなってきた気がします。ただその中でも圧倒的に活動量計のほうが安価なものが多いのは変わりません。上の写真はXiaomiの初代Mi Band です。

まだスマートウォッチや活動量計を持っていない方、使ったことがない方には下記の最新の活動量計を一度購入して試してみていただきたいと思います。

コチラの商品はデザインはシンプルですが、バッテリーは最長20日ということで便利なアイテムです。そしてメジャーなXiaomi 製ということでこちらの商品もおススメです。

このサイトが気に入ったらtwitterフォロー、ブックマーク登録を
していただけると嬉しいです。

#Xiaomi
#Mi band
#活動量計
#スマートウォッチ
#睡眠

Sponsored Link
↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

フォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

nineteen + thirteen =

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。