iPhone&iPad

ミニスマートフォン好きはiPhoneSE2を買うべきなのか?

ミニスマートフォン好きはiPhoneSE2を買うべきなのか?

正直、今回のiPhoneSE2に関してはミニスマートフォン好きからすると
裏切りだと思っています。スペックでは最新スペックを搭載したSE2
ということで全然不満はないんですが…

なぜSE最大の特徴である4インチ液晶をやめたんだ!

これが一番の理由です。
ただミニスマートフォンとして考えると4.0インチから4.7インチになった時点で候補から外れます。しかし端末としては優秀だと思います。

iPhoneSEとiPhoneSE2の比較画像

比べてみると一回りSE2が大きいのでSEシリーズは4インチ端末シリーズではなく廉価版のラインナップということがよく分かります。

iPhoneSE2のスペックです。同じ筐体のiPhone8との比較表

モデル名 iPhoneSE2 iPhone8
画面 4.7インチ 同じ
サイズ 138.4×67.3×7.3 mm 同じ
重さ 148g 同じ
カメラ
画素
アウトカメラ:
1200万画素
インカメラ:
700万画素
同じ
CPU A13 A11
メモリ 3GB 2GB
バッテリー 1,821mAh 同じ
急速充電 最大18w対応 同じ
認証方法 ホームボタン指紋 同じ
防水性能 IP67
(水深1mに30分)
同じ
ワイヤレス充電 同じ
アップルペイ 同じ
NFCタグ
デュアルSIM
Wi-Fi6

この比較表を見れば分かるんですが基本的にはiPhone8のスペック強化版です。大きく変わった翌朝としてはCPUもA11からA13になりメモリも2GMから3GBと変更されています。CPUはiPhone11と同等のCPUになったということで速度も大幅にアップして最新のiPhoneと同等品です。

それなのにこのお値段です。

新品のiPhoneをAppleからSIMフリー版で購入しても44800円~です。このiPhoneを購入して格安SIMプランで運用すると最新のiPhoneを最安のランニングコストで使用することができます。



LINEがデータ消費ゼロで月額500円~!


上にある格安SIMのプランはSIMフリーのiPhoneで使用することができます。
私にはiPhone11と比べると通称タピオカカメラが省略されているぐらいしか大きな違いは気づけませんでした。

参考資料 iPhone11Proの価格

 

まとめ

小型端末としてのiPhoneを期待していた私としては非常に残念な端末となりましたが、 この値段で最新スペックのiPhoneを使うことができるということは一般の人には非常に魅力的な端末です。私が望んでいたSE2はiPhoneSEの筐体に最新のスペックが搭載されたものでしたが正直、技術的に無理だったのかもしれません。同じ筐体で5→5S→SEときていたのでSE2の筐体も5ベースだと思い込んでました。
私が思ったよりも大型の筐体で高性能な端末だったので本当に一般受けする端末に仕上っています。正直最近のiPhoneは10万円を超えるものが出てきていたので、そういった意味では当初の廉価版のiPhoneという開発コンセプトに沿ったものになっていると思います。

これからiPhoneを購入しようという方はDocomoなどに行く前に少し調べてみてはいかがでしょうか?

日本ブログ村ランキングに参加中です。 是非投票をお願いしまーす。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

four × five =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください