クラウドワークスで副業を始めて約1週間たった結果

クラウドワークスで副業を始めて1週間たった結果


↑クリックするとクラウドワークスのページに飛ぶことができます。

クラウドワークスを始めて約1週間でお金が稼げました。
1週間と書きましたが登録してからしばらく作業をしていない日が多かったのでクラウドーワークスで仕事をした日数がそれぐらいという意味になっています。

特に今回私は、専門的な技術が必要な仕事は受けておらず、基本的に記事作成、アンケート作成のライティング系の仕事だけをやってみました。

最初に

最初に受けてみた仕事はアンケートでした。とりあえず何かを達成してみたかったので、すぐ終わるものから試してみましたが一つのタスクに10分ぐらい時間がかかった割に報酬が5円や10円と単価が安く1ヵ月、空いた時間に頑張ったとしても月に1000円稼げるかどうか?というものが多かったです。作業をしてみて分かったんですが、作業時間よりも自分にできる仕事を探す時間の方が長かった気がします。そういった単価の安い仕事だけだと副業としては厳しかったです。

 

 

どんな仕事を受ける方がいいのか?

しばらくやってみた感想ですが、ある程度の単価仕事を受けるのがポイントです。また時間効率が良い仕事を受けることをおススメしますが下記の例を見てみてください。

 

【依頼内容】猫の写真を8枚撮影する(フリー素材負荷)依頼料175円

という仕事があったとします。猫を飼っていない人は外に猫を探しに行くか、友達の猫を取らせてもらうということになります。しかし自分が猫を飼っている場合、すぐに写真を撮ってアップするか過去に撮影した写真からアップするということができます。明らかに依頼を完了するまでの手間と時間が違います。これはあくまでも一例ですがこういった感じで自分にとって簡単な仕事なのか難しい仕事なのかがハッキリと分かれる仕事があります。この場合。前者の場合が1時間ぐらいかかるでしょうし、後者であれば5分ぐらいで終わったと思います。後者で考えるとこの仕事は時間対効果が高い仕事ですが、前者であると非常に時間対効果が低い仕事になります。

また探して見ると15分ぐらいで完了できる割に200円ぐらいの単価の仕事もたまに出ていましたのでそういった仕事を中心に受けると売上は大きく向上します。

 

 

仕事の探し方

仕事のカテゴリを最初に選びます。初心者短時間作業を望む方は「ライティング・記事作成」を選んでください。

 

 

ライティング・記事作成の中にも数多くの仕事があります。基本的に単純作業や特殊技術が不要な仕事は単価が安い傾向になります。ただ運営中のブログを持ってたりすると作業時間のわりに高単価な仕事も存在しますが、それ以外でも短時間高単価仕事というものは存在します。そういった仕事を狙い続ければかなり効率的にお小遣い稼ぎができます。

 

 

 

これが実際に作業してみた結果です。依頼内容を公開するのは問題があるかもしれないので内訳だけですが基本的には短時間で終わるものばかりの依頼を受けました。いろいろとやってみた効率的な稼ぎ方が先ほど書いた記事の部分になります。10円以下のものもいくつかありますが1分以内で終わるかなと思ったのと報酬金額を見間違った為です。ある程度以上お金を稼ごうとするなら専門的な仕事を受けるようにするか、ライティングなら2000文字以上の仕事を受けるようにすると金額が大きく跳ね上がります。

 

報酬の振り込みについての注意

報酬の振り込みついては1000円以上であれば振り込みが可能です。しかし注意する点があります。それは振込手数料です。これはクラウドワークス以外でもかかる費用です。

楽天銀行であれば税込み100円、他行であれば500円と大きく差があります。今後のことを考えると副業用に楽天銀行に口座を絶対に作っておいた方がいいです。1回で400円違うので5回振り込みがあるだけで2000円も変わってくることになります。そう考えると今後のことを考えると絶対に必要です。

 

まとめ

クラウドワークスはしっかりと仕事を探して選ぶことである程度の収入を得ることができ簡単にできる副業としてもハードルは非常に低いです。その中でWordpress関係やプログラミング関係、画像加工などの仕事の単価は非常に高いですが、そういった専門的な技術を得るまでに時間がかかります。自分にできる仕事を受けながら技術を磨いて高単価仕事を請け負うことでフリーランスとして会社に頼らず自由を掴むことができる場になるのがクラウドワークスの素晴らしいところです。

 

 

将来的には青色申告、もしくは個人事業主として確定申告に行く必要があるぐらいの売上を目指したいと思います。

スポンサーリンク

Posted by sinmoble