広告

スポンサーリンク

今だけ¥30,000以下 セール中でおススメのWindowsノートPC(Windows11対応)

↓にほんブログ村に参加中です。読む前にポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

最初に

モバイルPCを購入する際には最初に決めておくことがあります。それは液晶サイズと許容できる重量です。液晶を大きくすれば必然的に荷物が大きくなり重量も増えます。自分の用途に向いたモバイルPCを購入する際にはとてもこれが重要になります。いくら性能が高いPCが欲しいといってもゲーミングノートPCのように大型で重量があるノートパソコンは日々持ち歩くのは苦労します。私のモバイルPCとしてもおススメは持ち歩くことを考えて液晶サイズ12インチ以下、重量は1㎏以下でTYPE-C充電可能というのがおススメです。ちょうどこのサイズのモバイルPCがセールをされているので記事を書きました。

 

 

今お買い得なCHUWI Hi10 go

CPU Jasper Lake (Celeron) N5100
GPU Intel UHD Graphics
メモリ 6GB DDR4
ストレージ 128GB eMMC
ディスプレイ 10.1インチ、IPS、タッチパネル、解像度 1920 x 1200
WiFi 11a/b/g/n/ac
Bluetooth 4.2
ポート類 USB Type-C(フル機能)、USB Type-C、Micro HDMI
バッテリー容量 7.6v 2950mA,22.42W
サイズ(本体) 243.9 x 162.6 x 8.5mm、 565g
OS Windows 10 Home  (Windows11アップデート対応)

※N5100版はスタイラスペン非対応です。

Chuwi Hi10 goにはCPUがJasper Lake N4500版とN5100版が存在します。マイナーバージョンアップということなので製品名には反映されていないので注意が必要です。上記の商品リンクはN5100版です。

 

 

Celeron N5100の性能

PassMarkのベンチマークスコアは以下のとおり。表ではシングルスレッドとマルチスレッド、2つのスコアを掲載しています。

CPU シングルスレッド マルチスレッド
Atom X5 Z8300   390 1190
Celeron N4000 1028 1416
Celeron N4120 1116 2508
Celeron 6305 1236 2259
Celeron N5100 1307 2540
Core i3-6100U 1336 2610
Core i5-7200U 1786 3405
Core m3-8100Y 1793 3005
Core i3-8130U 1966 3669

CPU以外のスペックについて

メモリとストレージについて

搭載されているRAMは6GB、ストレージは128GBです。余裕があるとは言えませんがRAMも4GB以上あるので下手なモバイルPCよりも快適に使用できます。ストレージも128GBですがMicroSDも512GBまで対応しているので必要に応じで増設も可能です。

 

高解像度

この値段だと1200×800や1366×768などが存在しますがChuwi Hi10goは1920×1200の高解像度に対応しているので作業性もかなり良くなっています。

 

 

Windows11について

Windows11が2021年10月にリリースされましたが2022年3月時点でシェア率は20%になりました。これが遅いのか速いのかの判断は難しいところですが、Windows11の要件が非常に高いことを考えると今後は更に鈍ってくる可能性があります。

Windows11が普及しないと確信する3つの理由

Windows10はあと4年、2025年までサポートがあるので今すぐWindows11に買い替える必要はない

私自身は無理をしてWindows11に上げる必要はないと思いますが、Windows7のサポートからかなり経過しPCを買い替える必要がある人も出てきています。以前はタブレットPCなどはAtomが主流で性能的にはかなり厳しいところがありましたが最近のCeleronは以前のモバイルPCに比べるとかなり高速になってきています。私も初代Pentium登場時からのPCユーザーなのでCeleronには良いイメージがなかったのですが調べてみると旧世代のCoreiシリーズと比べてみるとそこまで悪くないことが分かりました。

実際、このChuwi Hi10goは購入当初はWindows10が搭載されているので今後の様子を見ながらWindows11にアップデートすることが可能です。

まとめ

モバイルPCはスペックにこだわればこだわるほど値段が上がります。しかしバッテリーを搭載している以上、どんなに高スペックなモバイルPCを購入したとしてもスペックの寿命よりもバッテリーの寿命の方が早く来てしまいます。正確にはバッテリーの劣化により高スペックなPCほど駆動時間が新品の時よりも短くなり不便さを感じます。それならば自宅に置くデスクトップPCはお金をかけて高性能なものにしておいてモバイルPCはそこそこの物を購入して買い替えのサイクルを早めるというのも一つの手段だと思います。ただモバイルPCでもバッテリー交換ができるものもありますのでそのあたりは個人の趣味や嗜好にはなります。

最近はモバイルPCをメインとして自宅でも外でも使っている人も増えています。実際、動画編集など重たい作業をしない限り最近のPCは昔に比べて快適に動作します。そういった意味でも古いPCを我慢して使っている人はこのPCに買い替えても満足ができるはずです。

この記事にはプロモーションを含む場合があります。

Posted by sinmoble