広告

スポンサーリンク

予想外!突如として新型ポメラが2022年に発売された。やはりDM200の後継機

↓にほんブログ村に参加中です。読む前にポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

予想外!突如として新型ポメラが2022年に発売された。やはりDM200の後継機

created by Rinker
キングジム(Kingjim)
¥44,898 (2022/11/30 18:47:54時点 Amazon調べ-詳細)

最初に

ポメラDM200販売終了。後継機も発表されないのでキングジムは新型ポメラの開発も終了なのかもしれない。

という記事を以前書きました。理由としては

DM200が販売終了となりましたが後継機の発表がなかった。

DM250の技適申請が取り消された。

この2点が大きな理由ですが、突然DM250が発表されたのには驚きです。

 

DM250のスペックについて

公式サイト https://www.kingjim.co.jp/pomera/dm250/

●キーボード:JIS配列キーボード、キーピッチ17mm
●本体メモリ:メイン1.3GB(バックアップ1.3GB、ゴミ箱0.6GB)
●画面:7.0インチTFT液晶、WSVGA(1024×600ドット)、バックライト搭載
●インターフェイス:USB 2.0:(Type-C)※PCリンク、充電ポートとして使用
●寸法:約18(H)×263(W)×120(D)mm
●質量:約620g
●対応記録メディア:SDカード(最大容量2GB)、SDHCカード(最大容量32GB)※記録メディアは付属していません。
●無線LAN:IEEE802.11b/g/n(2.4GHz帯)
●Bluetooth®:Bluetooth® 4.2
●電源 バッテリー:リチウムイオンバッテリー・使用時間 約24時間/充電時間 約4時間※使用環境や設定などで変化します。
・ACアダプタ 入力:AC100-240V(50Hz/60Hz)/出力:DC5V 3A(USBポート出力)
●動作環境温度:5~35 ℃ 湿度:30~80%(非結露)/保存環境温度:-10~55 ℃ 湿度:5~80%(非結露)
●Bluetooth®キーボード対応OS:iOS 12 以降/Android 9 以降
●PCリンク対応OS:Windows10以降(32/64bit 版)各日本語版/Mac OS X 10.14 以降
●搭載辞書:「角川類語新辞典.S」「明鏡国語辞典MX」 「ジーニアス英和辞典MX」「ジーニアス和英辞典MX」

DM250の新しい機能

「ポメラ」専用日本語入力システムの進化

読み、仮名遣い誤りの指摘、誤用の指摘、確定アンドゥの連続使用等をサポートしました。

 

 

ゴミ箱、オートバックアップ機能。

ゴミ箱、バックアップ領域を追加したことで、間違って削除したり、上書きをしてしまったファイルも復旧が可能になりました。

 

正規表現検索機能

文章量の多いテキストファイル内での検索性、編集の利便性がより向上しました。

 

 

 

文字数カウント、バッテリー残量表示

画面下部に作成中テキストの文字数やバッテリー残量が数字で表示されるため、ひと目で状況が分かるようになりました。

 

「シナリオモード」に対応

アウトラインや左右比較、縦書きといった従来からのモードに加え新たに「シナリオモード」に対応。縦書きを上下に分割しシーンエリア・セリフエリアを設けて執筆できるようになりました。

 

新型ポメラDM250についてのまとめ

7月29日発売予定で\60,280円です。正直な感想としては原稿執筆専用端末として、そのままぶれずに進化をさせてきたという感じです。このままいくとメールだけでなくTwitterなどのSNSまで搭載してしまうのではないかと心配していましたがそれはありませんでした。

やはり今回のポメラの新型機はDM200の後継機でした。個人的には乾電池駆動、折り畳みキーボードの方が好みなんですが、画面の大型化や機能の追加によって消費電力が大きくなり乾電池駆動は難しくなってきたのではないかと思います。また折り畳み型にするとどうしても厚みが出るのでそれを嫌っている人が多いのかもしれません。

ちなみに7月12日に発表でしたが7月14日19時の時点でオンラインストア限定250台のホワイトは完売しています。

250台ですが、テキスト専用機という限られた用途の端末が即完売というのは凄いと思います。ただ値段を考えると一般人の購入よりも仕事で原稿を書いたりすることを生業としている人たちが購入した可能性は高いです。値段は6万円オーバーということで本当に必要と考える人達しか購入しないような機能特化型のプロ仕様といってもいいかもしれませんが、それだけテキスト打ちに特化した端末と言えるでしょう。

【過去記事】
ポメラDM200販売終了。後継機も発表されないのでキングジムは新型ポメラの開発も終了なのかもしれない。

ポメラの開発終了かもしれないという記事を書きましたが、さらにテキスト打ちに特化したポメラが出るのは予想外でした。このままDM30の後継機が発売されれば私も新型ポメラを購入するので少し期待を持っています。

 

「ポメラ」関連 取扱説明書ダウンロードにDM250が追加になりました。購入を検討している人は取扱説明書を読むと参考になるでしょう。

https://www.kingjim.co.jp/download/manual/pomera/
そして定価は¥60,280円ですが下記のAmazonから購入すると\54,800と\6,000円近く安く購入出来てしまいます。

created by Rinker
キングジム(Kingjim)
¥44,898 (2022/11/30 18:47:54時点 Amazon調べ-詳細)

Posted by sinmoble