広告

スポンサーリンク

GIGAZINE倉庫破壊事件の結末。本当はGIGAZINE側が全面勝訴?ついに反撃が始まったのかもしれない。

↓にほんブログ村に参加中です。読む前にポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

最初に

緊急で記事を書いています。この記事はGIGAZINE倉庫破壊事件についてGIGAZINE支持者にとっては朗報になるかもしれません。

GIGAZINE倉庫破壊事件の結末。結果的にGIGAZINE側が敗訴で解体。地主、不動産会社側の完全勝利で終了

という記事を書きましたが、理由としてはGIGAZINEのWEBサイトでこの裁判結果にも全く触れずにスルーしていたことが理由です。しかし本日GIGAZINE様より下記の記事がアップされました。

【参考記事】
あのGIGAZINE倉庫事件の「日新プランニング」石脇隆太郎前社長が大阪地検に告発されました
引用元 GIGAZINE様

大阪地検に告発されましたという見出しですが、実はこの告発というのはGIGAZINE倉庫事件ではなく脱税についてのことです。しかしその記事中に

GIGAZINEが全面勝訴という文言があるので、いままでGIGAZINE側が情報を出さずに逃げたというイメージがありましたが、ここで風向きが大きく変わる可能性がでてきました。

読んで欲しい過去記事

GIGAZINE第一倉庫の破壊について

GIGAZINE第一倉庫の破壊-その件についての怒り-

GIGAZINEの倉庫破壊事件の裁判結果が実は3/11に出ていた

しかしTwitterなどのネットでの意見を見るとなかなか厳しいものがあります。

ある日突然自分の建物を他人がショベルカーで破壊しても「建造物損壊」にはならないのか?

という衝撃的なキャッチフレーズで記事が出た分だけ、裁判に負けて建物が解体されていたという事実を自ら公表していなかったことはGIGAZINE側にかなりの不信感を抱いたネットユーザーが数多くいます。今回の記事のキャッチフレーズも脱税による告発ではなく大阪地検に告発というタイトルのつけ方をしていたこと、またGIGAZINEが脱税の証拠を提出していたことが自慢げに書かれていた為にGIGAZINE倉庫破壊事件の意趣返しなのか?と疑う声も出ています。

GIGAZINEが主張する地裁でGIGAZINEが完全勝訴についての裁判の内容はこれから明らかになってきますが、GIGAZINEの新しい記事の内容をみるとかなりの自信があるように感じます。

今後の続報に注目していきたいと思います。

※補足
現状ではGIGAZINE倉庫破壊事件の相手先企業が脱税で告発されたというだけのことです。その記事でGIGAZINEが地裁で完全勝訴した裁判結果があると記載されただけの状態です。これでGIGAZIE読者が納得する内容なのか?もしくは愛想を尽かす内容なのかは不明です。

画像引用元 【FNNプライムオンライン】
このニュースでは修正の申告と納税は済ませたということなので脱税の件はこれで終わりかもしれません。

この記事にはプロモーションを含む場合があります。

Posted by sinmoble