広告

スポンサーリンク

2023年度携帯キャリア顧客満足度ナンバーワンに選ばれた楽天モバイル。今が一番最高の環境かもしれません。

↓にほんブログ村に参加中です。読む前にポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

楽天モバイルが携帯キャリア顧客満足度1位に選ばれた件についての記事です。

oricon MEは2023年の「携帯キャリア」および「キャリア格安ブランド」についての満足度調査の結果を発表しました。

引用元 oricon ME 「携帯キャリア」「キャリア格安ブランド」の満足度調査結果

結果として携帯キャリアは楽天モバイル、キャリア格安ブランドではLINEMO満足度調査1位を獲得しました。正直、Docomoはもう少し順位が上ではないかと思いましたが、パケット詰まりなど最近の繋がりにくさが仇となり3位にまで落ちたのだと思われます。

 

今回評価対象となったのは9項目で楽天モバイルは「加入手続き」「キャンペーン」「初期設定のしやすさ」「料金プラン」「端末のラインアップ」「利用料金」「サポートサービス」「付帯サービス」の8項目で1位を獲得しています。特に料金プランの分かりやすさ、選びやすさなどを評価したということです。

 

ただ私も楽天モバイルが顧客満足度1位に異論はありませんが、そもそも携帯キャリアの顧客満足度で重点を置くべきは

電波の繋がりやすさ

料金

速度

音声品質

この4点だと思っています。楽天モバイルは過去にはエリアの問題がありましたが、現状では楽天モバイルのエリアがかなり改善されていること、AU回線の一部のバンドがパートナー回線として利用可能なのでほとんど困らなくなりました。料金に関しては無制限、通話料無料で税込3,280円(通話はRakutenLink使用の場合)と他のキャリアに比べてダントツで安くなっています。
速度に関しても現状ではトップクラスの通信速度です。個人的に気になるのはRakutenLinkでの通話時に雑音多くてが聞き取りにくいと言われることがあります。これは端末の問題なのかもしれません。ただ通話をほとんどしない人からすると全く気にする必要もないところです。

 

楽天モバイルにすると生活が変わる?



ちょっと大げさと思う人もいるかもしれませんが、実際に私の生活は大きく変わりました。格安料金と通信量を求めて日本通信の合理的プランAhamoを乗り継いでいた時期もあるのですがやはり月末には残り通信量を気にしていました。Ahamoの場合は規制されても1.5Mbpsとそこまで遅くはないですが、やはり自宅にいる時や規制前に比べると不便さを感じていました。しかし楽天モバイルに乗り換えた後は自家用車、社用車での移動中や公共交通機関での移動中も動画を流しっぱなしにすることができます。

以前であれば通信料を気にして画質を下げていたこともありますが、現状では全く気にする必要もありません。スマートフォンとPCでテザリングをして作業中にYoutubeを流していても問題なく再生されています。月初から1週間で20GBを超えることも多々あります。自宅と同じ感覚でネットに接続して作業ができるのは本当に便利です。例え50GBや100GBあったとしても残り通信量がある時点で高画質な動画の再生には躊躇してしまいます。いつもでもどこでも何も気にしないで好きなだけデータ通信を使いまくれる。これが楽天モバイルの最大の利点だと思います。

【関連記事】
スマートフォンを壊したのでGooglePixel4a(5G)を購入して楽天モバイルで使うことにしました。

 

補足

最初に楽天モバイルに乗り換えようと思ったきっかけはドコモの通信回線の悪化です。私も元々はドコモ最強派だったのですが東京都内に行った時にあまりの酷さに嫌気がさしたのが楽天モバイルにMNPした大きな理由です。

以下がTwitter民の悲鳴です。

 

この記事にはプロモーションを含む場合があります。

Posted by sinmoble