旧型のMacBook AirでTYPE-Cが充電できた

Sponsored Link

念願だった旧MacBook AirでTYPE-C充電ができるようになりました。

手持ちで持っているモバイルPCでは一番高くてそして快適なMacBook Airなんですが外で使おうと思った際にバッテリーの持ちと別にアダプターを持って歩かないといけないのがネックで悩む時がありました。しかし外で色々なことを快適にやろうと思うとやはりMacBook Airを持ち歩くというのは魅力的です。いつも悩むポイントですが

Windowsタブレットの場合

【利点】
軽い
コンパクト
どこでも充電できる

【デメリット】
スペックが貧弱
キーボートが別
拡張性が低くハブが必要で荷物がかさむ

MacBook Airの場合

【利点】
高性能
キー入力が快適

【デメリット】
少し重い
充電のアダプタが専用で必要

心の中では天秤の中でかなりのつり合い具合ですがここにきて大きく天秤を傾けるアイテムが登場しました。

写真をよく見てみると片側がMagsafe2でもう片方がTYPE-Cなんです。非常に危険な製品かと思ってドキドキして使ってみましたが問題なく充電できました。もともとのACアダプターでは45Wなので15V/3Aで充電をされているようです。これもAmazonなどで売っていないので入手は少し難易度が高いです。

アダプタ側にはこちらを使用しました。

Sponsored Link

TYPE-C側だけで45W、USB側は5V/2.1で10.5Wと汎用性も高くなっています。またこの充電器は機器に最適な電流を供給するという、うたい文句なので大丈夫かなと思いこれにしました。実際に使用してみましたが、本体が熱くなることもなく、アダプタが熱くなることもなく、充電ランプが点滅することもなく使えています。このケーブルにはMacBook Airの新しい可能性を感じました。

このケーブルがあればTYPE-Cで充電できるのでTYPE-C PD出力で45Wあればモバイルバッテリーでも充電できます。注意点ですが3Aなければ充電できないPCもあるようです。実際TYPE-C PD対応でも18Wのモバイルバッテリーでは充電できませんでした。45Wなら3Aあるので安心だと思っています。

候補としてはこれぐらいが上がってきます。携帯性などもモバイルでは非常に重要な項目ですが、やはり快適に使えて作業時間が短くなるというのも需要な条件の一つになります。正直、なにかあった時に旅行用に持ち歩くという目的では少し重いですが、普段から気軽に持ち歩いてバリバリ使うということであればやはりこれぐらいのスペックがあると非常に便利です。

正直MacBookにも惹かれていましたし、MacBook Airも新型が発売されて心が揺れ動いていたんですが、MacBookはスペックが不安だったのと新型のMacBook AirはRetinaディスプレイになりTYPE-C充電になっていましたがラインナップが13インチからで従来の11.6インチが出なかったこともあり心があまり動きませんでした。一番大きいのは手元にあるMacBook Air2013にTYPE-C充電以外で不満がなかったのが大きいです。おそらく私と同じように考えている方も多いと思うのでそういった方にはこのケーブルをおススメします。ただ純正にもない商品なので購入して使用される場合は、あくまで自己責任でお願いいたします。

#MacBook
#MacBook Pro
#MacBook Air
#TYPe-C
#充電

Sponsored Link
↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

フォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

eighteen + 15 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。