旅行で役立ったモバイルアイテム

Sponsored Link

旅行で役立つモバイルアイテムではなくて
旅行で役立った体験談からくるモバイルアイテムのリストです。

個人的な順位

1位 モバイルバッテリー(Anker PowerCore 10000 PD Redux)

モバイルバッテリーに一番重要な、容量、軽量、コンパクトを備えています。しかもUSB PDに対応しているので短時間で満充電が可能です。10000mAは少なく感じますがこれぐらいの容量があれば少々では使い切りません。

2位 ワイヤレスイヤホン(Anker Soundcore Liberty Neo)

これも軽量、コンパクトかつバッテリーの持ちがいいのも当たり前なんですが一番大切な 「途切れない」というのに感動しました。今回秋葉原の人混みの中にもいたんですがその状況でも途切れませんでした。そしてケースから取り出した時点で電源ONになりスマートフォンとつながるんですがここのところでも一度も失敗はありませんでした。
※補足 岡山ー東京の新幹線でバッテリーがもちました。約3時間ちょっとですが使えてしまいました。このサイズなのに凄い

3位 Bluetoothマウス(CAPCLIP)

カバンの隅っこに入るぐらいのサイズですが、組み立て式で実際に使うときには倍くらいの サイズになります。不思議と他のBluetooth機器とも相性が良いようでチャタリングの原因になったりしていません。

Sponsored Link

4位 充電ケーブル(USBマルチケーブル ライトニングケーブル)

旅行には余分なものをできるだけ持って行きたくないと思いますが、充電ケーブルは必須です。このケーブルはこのサイズでキーケースにもつけれるのに主要充電端子3種に対応している素晴らしいアイテムです。

5位 VR(Oculus GO)

以前はVRゴーグルにスマホを入れるタイプで自宅で動画鑑賞をしていました。しかし動画鑑賞以外にもネットブラウジングをしようと考えていろいろ試した結果、挫折をしてVR専用機であるOculusGOを購入しました。あれだけ苦労をしたのが嘘のように動画鑑賞以外にもネットブラウジングが簡単にできますしAmazonPrimeもVRで楽しむことができるようになりました。実はVRでネットブラウジングをしたかったのは高速バスでの時間潰しの為です。高速バスの中では光を出す機器、つまりスマートフォンが使用禁止でみんなが高速バスの中で寝るしかない状況の中で私だけはVR空間で自由に色々できてしまいます。闇の中で何も見えないのでVRをつけているのも見えません。そしてOculusGOは意外とコンパクトなので、使用時間を考えるとカバンに入れても苦になりません。

6位 おサイフケータイ(Android)

これだけは商品ではなくて機能です。おサイフケータイ搭載(Felica)を搭載していればSuica、Edy、nanaco、waonなどの電子マネーをすべて使うことができます。特に交通系電子マネーのSuicaは当然ながら唯一JRなどの交通機関でも使える最強と言ってもいい電子マネーです。しかもGooglePay経由でチャージできるのでSuicaのカードタイプよりも利点があります。

まとめ

実はここに記載したものはOculusGO以外はコンパクトなものが中心です。これぐらいのサイズのものなら旅行だけでなく日常的にも荷物を少なくして便利に使えるはずです。

Sponsored Link
↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

フォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

16 + 18 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。