iPadOS13でマウスとキーボードがうまく動かない解決策

Sponsored Link

実はiPadOS13が出た時からマウスを試しているんですが特定のキーボードでうまく入力ができませんでした。

うまく動かないという具体的な内容ですが

●マウスと同時に接続する時だけキーボードが正しく入力できない。

●特定のキーでマウスカーソルが動く

●押しても反応しないキーがいくつかある。

最初の頃はマウスもキーボードもBluetoothで同時使用の時だけ不具合が出るのでチャタリングの一種かと思っていたんですが、入力時に反応が遅くなるわけでもないので別の原因を疑い最終的に解決しました。原因はマウスのキーが問題だったので画像付きで説明します。

下記がその手順になります。

①設定→アクセシビリティ→タッチ

Sponsored Link

②AssistiveTouch

③マウスキー

マウスキーをオフにする。

このマウスキーというのが悪さをしていてこのマウスキーをオフにすると普通にキーボードで入力できるようになりました。本当はiPadでマウスが使えるようになりRDP(リモートデスクトップ)で便利になるはずだったんですがこのマウスキーのおかげで躓いていました。

iPadはタブレット端末としては画面サイズも含めて非常に優秀な端末です。リーダーとしてタブレットとして持ち出したとしてもマウスとキーボードをつなげるともっともっと作業の幅を広げてくれます。iPadOSに関してはiPadの可能性を広げてくれる正常進化だと思います。

Sponsored Link
↓にほんブログ村に参加中です。楽しんでいただけたらポチっとクリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

フォローお願いします。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。

seven + 5 =

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。