Docomoのahamo(アハモ)より安い格安SIMの話。トラブルや対象機種の心配はほとんどなし

↓にほんブログ村に参加中です。読む前にポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

Docomoのahamo(アハモ)よりも安い格安SIMの話。トラブルや対象機種の心配はほとんどなし

Docomoのahamo(アハモ)ですが、トラブルが続出しています。スマートフォンについて詳しくない年配の人だけでなく、ある程度詳しい方までトラブルになっています。料金なども見たんですが

本当にahamo(アハモ)にする必要があるんでしょうか?

他のおススメの携帯プランについて紹介をしていきます。

 

 

ahamo(アハモ)についての説明です。

ahamo(アハモ)の料金について

基本料金は税込2,970円です。
事務手数料は0円

データ容量20GBです
超過後の速度制限最大1Mbps

国内通話料金 5分無料
超過後22円/30秒

4G、5G対応(3G非対応)

※海外ローミング 20GBまで無料

これだけ見ると正直安いと思います。海外ローミングがついているのは凄いと思いますが、一部の人以外には不要の長物です。また国内通話5分無料とありますが通話5分は本当に微妙なレベルで、微妙にオーバーしてしまうのでそこで下げた料金分の回収を考えているのではないかと思います。海外でのデータ通信なしであれば同じ価格帯でも通話10分無料や、金額を少し追加すると無制限通話が可能な格安SIMも存在しています。使わない機能よりも普段から使う機能に重点を置いた方が絶対に便利です。

 

ahamo(アハモ)で起きている対応端末の問題

普通の格安SIMであればキャリアのSIMロックが解除されていたり、周波数が対応していれば基本的に使えます。しかしなぜかahamo(アハモ)では規格上で使えるはずなのに対応しない機種も数多くあるようです。しかもahamo(アハモ)では対応機種や非対応について明記がされていますが非対応機種であっても申し込めてしまいます。格安SIMに慣れている人ほど、この問題に気づかずに変更後に使えずに大慌てすることが多いようです。私もなぜ規格上で対応しているのに非対応機種があるのかが不思議でしょうがありません。Docomoがわざと規制しているようにも感じます。こういった端末の非対応問題があるのも私がahamo(アハモ)をススメない理由の一つです。
ahamoは3G非対応なのでドコモのVoLTEに非対応の機種では通話ができないという問題が関係しているのかもしれません。Docomoは2014年6月からVoLTEを開始しています。

ahamo(アハモ)対象機種 iPhone
https://ahamo.com/support/supported-phones/#iphone

ahamo(アハモ)対象機種 Android
https://ahamo.com/support/supported-phones/#android

 

ahamo(アハモ)非対応端末
Xperia XZ Premium SO-04Jも以前はリストに入っていたんですがリストから消えたので2014年以降の機種は変更される可能性はまだあります。

 

 

下記のように一部の機種で下記のような問題が出るようです。なぜ?とりあえずXperiaシリーズとM Z-01Kだけを抜粋しましたがM Z-01Kに関してはAndroid8.1にバージョンアップしたものでないと対応機種にはなりません。理由を誰か知らないでしょうか?
ahamo対応機種の件もそうですがahamoが5Gベースの契約で5Gと4Gは使用できますが3Gには非対応になります。現状で4Gと3Gだけの端末を使う場合は4Gでしか使えないことになります。おそらくは4Gでほとんどのエリアをカバーできると思うんですが田舎に住んでいると、たまにですが3Gになっている時があります。そういった時に気づかずに圏外になっていると思うと田舎在住の私には少し怖いところです。個人的に思うのは5G端末を持っていなければ、まだ3Gも使えるMVNOの方がいいんじゃないかと思います。ただ現状で5G端末を使っているのであれば3Gよりも5Gの利点のほうが大きいので気にする必要はないと思います。

 

 

ahamo(アハモ)よりも低価格で通話も多い格安SIMです。

【QTモバイル】(株式会社QTnet)

このQTモバイルですがahamo(アハモ)と同じ料金で考えた時に

¥2200円(通話+20GB)+\935円(10分かけ放題) 合計\3135円

となります。ahamo(アハモ)が\2970円なので¥165円高くなりますが通話が10分まで無料となり使い勝手がよくなります。

また20GBも不要だという場合はデータ容量を下げれば基本料金はさらに下がりますし、通話は全くしないということであれば「10分かけ放題」も外すことができるので値段はさらに下がります。もしも電話をすることがあったとしても短時間であれば下がった基本料で対応できます。この格安SIMで良いところは場合によっては必要に応じて10分かけ放題プラン無制限かけ放題プランを追加できるというところがポイントになります。

 

 

格安SIMで通信量よりも通話に重点を置いたプランです。

これは日本通信のプランで合理的かけほプランというものです。通話に関しては時間無制限のかけ放題でデータ容量は3GBです。もしも足りないデータ容量は1GBあたり275円なので¥3500円あれば6GBまでいけるのでデータ通信をそこまで使わない人ならかなり安く「無制限かけ放題」で運用することができます。

 

 

 

格安SIMで20GBのデータ容量と月70分の通話がついたバランスタイプです。

 

これは日本通信のプランで合理的20GBプランというものです。データ容量に関しては20GBあり通話も70分ついています。しかもそれで\2,178円とahamo(アハモ)よりも\792円安い衝撃的な値段になっています。
個人的には無制限かけ放題が絶対に今後も不必要ならこれがベストプランかもしれません。ただ合理的20GBプランと合理的かけほプランはプラン変更ができるので日本通信にしておけば、無制限かけ放題が必要になっても問題はないかもしれません。

 

 

上で紹介したのはDocomo回線を使用したMVNOなのでahamo(アハモ)と同じくDocomo回線ということになります。ahamo(アハモ)よりも安く端末の対応機種も幅広いので携帯料金のプラン変更を考えている方にはこちらをおススメします。ahamo(アハモ)の場合はDocomoショップでの対応はしてくれず、トラブル時もネット対応だけなのでこの低価格になっています。そう考えるとサポートに関しては格安SIMと変わらないのでahamo(アハモ)にこだわる必要はないんじゃないかと思います。ただ格安SIMの場合は通信速度がDocomo本家よりも落ちる場合がほとんどです。ただahamo(アハモ)もDocomo以上に速度は出ませんし契約者が増えれば速度もどこまで落ちるか現状では分かりません。乗り換える際にはTwitterの速度報告なども参考にしてもいいと思います。ただ値段とデータ容量、かけ放題の選択肢を考えると値段的にはahamo(アハモ)よりも格安SIMがお得です。

※ahamo(アハモ)の注意点
・ahamoはお申込みからサポートまでオンラインにて受付するプランのため、実店舗でのサポートは受けられません。
・ahamoではキャリアメール等一部ご利用できないサービスがあります

 

Posted by sinmoble