広告

スポンサーリンク

危険な情報漏洩。機密情報や個人情報を扱う人にこそXREAL Airを使ってほしい理由

↓にほんブログ村に参加中です。読む前にポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

機密情報や個人情報を扱う人にこそXREAL Airを使ってほしい理由

最近、新幹線やカフェでパソコンを広げている人をよく見かけます。仕事をしている人、動画を見ている人、最近では動画を編集している人も多く見かけるようになりました。しかし作業内容によっては自宅や職場だけにするべきでしょうし、企業側も公共の場所での作業を禁じるべきだと思う理由を記事にしていきます。

カフェや新幹線の中はプライベート空間ではない

カフェだけでなく新幹線でも座席に座って作業をしている人もかなりいますが、極秘資料、会社名、個人名、個人情報を取り扱う業務は絶対にするべきではありません。

画面が見える。

新幹線でも隣の席の人からは画面が丸見えです。私も隣になった人がしている作業が見えたのですがその中には名前、会社名、携帯番号といった極めてプライベートな情報が見えてしまいました。その他で言えば工事の入札資料のような重要な資料を開いている人もいました。
もしも隣人がいなくても電車が駅に止まる際には通路に人が並びます。その人達はパソコンを開いている人がいると、つい無意識に画面を見ている人もいるので危険です。

パソコンを席に置いたまま席を離れる人

一人で来店して仕事している人でトイレに行く時に机の上にPCを広げたまま行く人がいます。もしもですがPCが盗まれたり、USBメモリを差してデータを抜かれたらどうするのか不思議です。日本は治安の良い国ですがそれでも警戒は必要です。パスワードをかけていてもデータを抜くことは簡単です。
もしも個人名前とマイナンバーが紐付けられたようなデータなら…というのは冗談ですが容易にPCが盗まれるような状態で席を離れるのは絶対にやめておくべきです。トイレに行くのならパソコンを一度カバンにしまってトイレに持っていくべきです。カフェや新幹線はあなたの家ではないのですからどんな人がいるか分かりません。

座る席を考える

新幹線の席などは後ろに席があったり中通路があるので、後ろからの視線を完全に防ぐことは不可能です。しかしカフェの場合はどうでしょうか?背面が壁で左右からも覗けないのであればセキュリティ的にはギリギリ合格点でしょうか…
間違っても通路側に画面を向けるような席で機密情報や個人情報を扱うべきではありません。あなたの会社がどれだけ厳重なセキュリティ対策をしていてもあなたの行動一つで個人データが簡単に外部に流れてしまうことになります。

カフェ側もこの問題を考えてるようで一部のカフェではこういった設備もできました。
喫茶室ルノワール マイ・ブース https://www.ginza-renoir.co.jp/mybooth/

 

画面が見えなければ問題解決

PCを盗まれない、データを抜かれるような行動をしないということであれば、画面を見えなくするというのはひとつの有効な方法です。

ひとつめは

のぞき見防止用のフィルムを貼る方法です。このシートを貼ると横からは見えなくなり正面からしか見えなくなります。少し画面は暗くなりますが安く対策できる方法になります。

ふたつめは

XREAL Airを使う方法です。PCにXREAL Airを接続してメインディスプレイを消してしまえば表示はNrealAir内にしか表示されないので、画面に表示されている情報を覗き見される心配はなくなります。

 

企業側の対策が必要

当然ですが、画面が覗かれるような環境で機密情報を扱っている社員には悪気はありません。新幹線の移動時間で仕事を進めたり休みの日もカフェで仕事をしているのかもしれません。
企業側がデータの持ち出しを制限したり、業務に使っているPCに制限をかけたり覗き見防止フィルムの配布、NrealAirの貸与などを進める必要があります。
これは従業員のモラルも必要ですが企業側も教育、注意喚起を、備品の配布や貸与を行って企業としての責任を果たしてほしいところです。

 

情報漏洩の危険性

情報流出にはハッカーによるデータ奪取、USBメモリの紛失など多くの理由がありますが、ほとんどの企業で発生する情報流出の一番の原因はUSBメモリ、PC紛失や盗難が上位を占めます。おそらくは紛失し場合も報告せずに隠ぺいした例も少なからずあると思うので現実はもっと多いはずです。
パスワード設定、サーバーの管理、データの持ち出しやアクセスの制限だけでなく、もっとアナログな部分にも目を向けないと今後、マイナンバーやクレジットカード情報の流出がどんどん増えてしまうと思われます。
しかしセキュリティを高くすれば手間が増えるので利便性が悪くなり効率が下がるか、セキュリティを解除してしまう人が出てきます。パスワードを20桁にすれば強固にはなりますが入力の手間が増えてしまいます。しかし指紋認証で解除できるようにしておけば手間は変わりません。セキュリティを高くすればするほど手間も時間もかかってしまいます。しかし技術で手間になる部分を改善してしまえばいいのです。新し技術を導入しながら

従業員の意識を変える為にもPCの使用場所などについても厳しいルール作り、徹底をすることをオススメします。

【NrealAir関連記事】
XREAL Airはプライバシー保護の為に最適。どこで使っていても他人に見られない大型ディスプレイ

XREAL AirとスティックPCとの組み合わせは最高のミニマムモバイル環境を作り出すことに成功

 

この記事にはプロモーションを含む場合があります。

Posted by sinmoble