広告

スポンサーリンク

「松本人志さんの性加害問題」週刊文春への世間の反応と、発行部数至上主義の週刊誌書き得体質についての個人的見解

↓にほんブログ村に参加中です。読む前にポチっと応援クリックをお願いします♪ にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

最初に

ペンは剣より強しという言葉はありますが、週刊誌の記事は人権より重いのかもしれないと思う今日この頃です。
このブログでは基本的にデジタル機器や、ネット事件などを取り扱いますが、今回の文春報道に関して個人的に思うところがあったので記事にしました。
過去にはベッキー・ゲス不倫という文春砲があり大きな騒動を巻き起こしましたが、今回の議題となる「松本人志性加害問題」については大きな騒動になっているものの決定的な証拠は出ておらず、決定的な証拠を出さないままに終息に向かいそうな雰囲気です。
本当に加害者とされる側に実際に加害の事実がなかった場合、それを記事にしたメディアはどのような責任を負うべきなのか?
メディアは警察ではないので人を裁くことはできませんし、罪を償わせる権利もありません。
もしも冤罪だった場合….謝罪記事だけで済ませるのでしょうか?

 

ダウンタウンの松本人志の性加害問題とは?

写真引用元 女性自身WEBからの画像リンク

ダウンタウンの松本人志さんが六本木の超高級ホテルのスイートルームにて飲み会を開催。多数の後輩芸人に女性を集めさせて「ゲーム」と称し、いきなりキスをしたり、「俺の子ども産めや!」などと性行為を迫っていたりしたと週刊文春が報道したのが始まりです。しかしその報道には匿名の女性2人が8年前の2015年に起きた出来事への証言への信憑性への疑問、性加害の事実はなかったと同席した実名女性からの証言の検証などが行われておらずその報道の審議について議論を巻き起こしているところです。
そして匿名女性は証言についての経緯や意図を友人から確認されるとSNSをブロックして逃亡しているという情報もあります。
これだけ問題が大きくなりながらこの客観的な証拠の存在、被害についての真偽がハッキリしないというところに問題があります。

裁判になれば実名で証言台に立つという話もありますが、現時点で実名で証言しているわけではないので真偽のほどは分かりません。松本人志さん擁護の人達は実名で証言している人が多いように感じます。そういった印象を受ける人が多いので、現状では文春を批判する人が多いのではないかと思います。

 

この記事にはプロモーションを含む場合があります。

Posted by sinmoble